国内最大の金融会社の令嬢。 外見だけは絵にかいたようなお嬢様だが、
拉致監禁凌辱を夢見る頭のネジは数本抜けた思考をしている。

常に冷静沈着に明後日の方向の行動を起こす問題児。
汚れ役を率先して引き受ける一面があるが、これは照れ隠しも含んでいる。

主人公に自分を含めた全員に対して凌辱することを強要し、自らも凌辱に手を貸す。

ただただ単調な生活に飽きてきていた上に、
両親に関心を持たれず、ただ優等生でいることに疲れている。
また主人公には幼い頃、助けてもらったことがあり、
ストーカーのごとく情報を集めているため、主人公からの純愛責めには極端に弱い一面がある。
世界的に有名な作曲家の娘。真面目で若干強気な性格をしている。
感性が豊かで、親同様に音楽を愛している。

両親や周囲の人間からはかなり甘やかされて育っており、本人も自由に生きてきた。
両親の力が大きいためか、本音で語ってくれる相手がいなくて寂しい思いをしている。

何をしても叱られなかったことを気にしており、お仕置きされることを望んでいる。
 
主人公が自分を叱ってくれるのは、親の七光りなど関係なく自分という個体のみを見てくれて、
かつ未来を案じて心配してくれているものだと思っているため、お仕置きされるのは好き。

数年前に主人公に困っているところを助けられている。
その際、苦言を呈されて心入れ替えている。
国内最高の大株主の娘。 大人しくて恥ずかしがり屋のお嬢様。

ほとんど不自由なく生活はしてきたが、親との交流・干渉も一切なかった。
そのため自己肯定感が低い。

唯一男子と接触を完全に禁止されていたことから、
エッチの機会はなく、強い憧れを持っている。

主人公とのエッチで、喜んでもらえることが嬉しくて、エッチに目覚めていく。